<< ディースクエアード2011SS... 「日光そばまつり」に行ってきました >>
ディースクエアード2011-12AWプレライン展示会
f0044151_15151790.jpg


ディースクエアード2011-12AWプレラインの展示会に行ってきました。発注も無事終了、資料も作成終わりました。写真、価格は店頭にてご案内可能です。


今回からクラシックラインが登場。クラシックラインはスーツ、シャツ、ニット、タイなどフォーマルなアイテムを展開しています。ディーンとダンが想い描く都市の男性像がモチーフになっており、5つの都市がテーマになっています。

ロンドン、ミラノ、パリ、トロント、ビバリーヒルズ。

当店では「パリ」をチョイスしました。
スリムシルエットで裏地が赤。肩がやや大きくウエストがシェイプされたキレイな形です。お値段は上下で150,000円と以前よりかなり買いやすくなりました。


2011AWのプレテーマは「ミリタリー」とゴールドラッシュ時代の「ワークウェア」、デザイナーが想い描く「オリエンタル」をミックス。


ミリタリー・・・迷彩柄ではなく、パラシュート素材やダメージのつけ方などシンプルなアイテムが目立つ。前回の時は海軍だったが、今回は航空降下部隊ぽいです。

ワークウェア・・・2009AWの時、ゴールドラッシュ時代の炭鉱夫がテーマだったこともあり、デザイナーが得意なテーマかもしれません。デニムのクラッシュやピーコート、つぎはぎのジャケットなど。

オリエンタル・・・レディースによく使われており、メンズアイテムはほんの一部です。デザイナーが想い描くアジア。なので大分間違っている。「カブキ」という名前が付けられた派手な配色の生地や中国の置物?のプリントなど。


ミリタリーから、一番最初に目に付いたのが、パラシュートなどに使われるリップストップ(ほつれ止め)素材を用いたチノパンとベスト。

パラシュート素材に白ペンキプリントのカーキのチノパンはかなり人気が出そうです。ケニーツイストの形で入荷予定(55,000円)。同素材のジレも入荷予定(59,000円)。前がカーキで後ろがチェック柄の細身シルエットのベスト。

ワークウェアからは真っ赤なショート丈ピーコートも入荷予定です(140,000円)。雑誌に掲載されそうなアイテムです。ほかにもつぎはぎしたようなニットとデニム袖のジャケットも入荷予定(98000円)。


今回からプレラインにもシューズが登場。ベーシックなシューズはプレで発表するようです。
セナート店がチョイスしたのはボルドーのパラシュートブーツ(79,000円)。ミリタリーのテーマとマッチしたおすすめのブーツです。がっちりとしたソールに柔らかなレザーの質感がGOODなパラシュートブーツ。チノパンに合わせて履いてほしいアイテムです。

ベルトは4型入荷予定。
バックルベルトが3つ,細身ベルトが1つ入荷します。
赤チェックのストールも入荷予定(21,000円)。


入荷時期は6月~8月を予定しております。
[PR]
by via_senato | 2010-12-10 15:16 | DSQUARED2 | Comments(0)
<< ディースクエアード2011SS... 「日光そばまつり」に行ってきました >>