<< ニールバレット入荷しました! 2013S/S気になったルック >>
乞うご期待!! 注目デザイナーRAF SIMONS(ラフ・シモンズ)入荷のお知らせ!
f0044151_1691257.jpg


ラフ シモンズは1968年、ベルギーのニールペルト郊外のゲンクで生まれる。大学は工業デザイン学校に入学し写真やビデオ等を学ぶ。ファッションにおける正規の教育は受けていない。学生時代に研修でウォルター・ヴァン・べイレンドンクのアントワープオフィスで働いたことがきっかけで、ファッションに興味を持つ。

大学卒業後、家具のギャラリーで2年間働き、インテリアデザイナーとして活躍するが、しだいにファッションへ興味が向かい、独学で服作りを学ぶ。ラフシモンズ本人はマルタン マルジェラのコレクションを見てファッションの仕事をしようと決めたと言う。

自ら作った服を持ち、アントワープに移り、アントワープ王立美術アカデミーのファッション学科ディレクター、リンダ・ロッパに出会う。そこでファッションへの方向転換を決意。ラフシモンズ自身はアントワープ芸術アカデミーへの入学を希望したがリンダ・ロッパに「あなたはうちの学校で学ぶ必要がない」といわれ引き続き独学で服作りを学んでゆく。

リンダ・ロッパの後押しもあり1995A/W、ミラノの展示会でプレゼンテーション形式で自身のブランド「ラフ シモンズ」のコレクションを発表。その後3シーズンはパリの展示会で発表。

1997-1998A/Wより、パリ メンズ プレタポルテ・コレクションに初参加。1999S/Sと1999-2000A/Wシーズン、イタリアの高級革製品メーカーのルッフォ社が展開するルッフォ リサーチのデザインを、ヴェロニク ブランキーノとともに担当。シモンズはこのコレクションでメンズを担当した。

その後、1999-2000A/Wを最後に1シーズンコレクション活動を休止。2000年10月からウィーンの応用美術大学でファッションを教える。活動を休止した理由としては「自分自身のクリエーションにしっくりきていなかったのです。すこし考えたかった」「休養期間」「会社の内部構造を立て直す」ことなどが上げられている。

休養中にベルギーのメーカー「CIG」と協力体制を作り、2001-2002A/Wコレクションからデザイングループを結成し再始動。このコレクションはアントワープの街中でスカウトした素人をモデルとして起用。何重にも重ね着をしたスタイルで復帰早々話題となる。

2003年11月29日、スイスのルツェルンで行われたコンテンポラリー・デザイナーコンクールでグランプリを受賞。2005年7月1日より、ジル サンダーのメンズウェア及びレディースウェアのクリエイティブ・ディレクターを務める。

2006S/Sより、ディフュージョンライン「ラフ・バイ・ラフ シモンズ(RAF BY RAF SIMONS)」を展開。

ジル サンダーで手がけた2007S/Sレディースコレクションはミニスカート、ミニドレス、細身のパンツなどが中心でミニマルなデザインだった。さらに色使いと、素材、シモンズが得意としているテーラードのスタイルの組み合わせが素晴らしく、高い評価を受けた。

2008年、東京に世界初の旗艦店をオープン。その後大阪にも旗艦店をオープン(これらは後にクローズ)。同年、イーストパックとコラボレーションで「イーストパック・ラフシモンズ(EASTPAK RAF SIMONS)」を発表。2008A/Wシーズンより、フレッドペリーとコラボレーションライン「RAF SIMONS FRED PERRY Collaboration」を発表し、ポロシャツやカーディガンなどのコレクションを展開した。

2011年、「RAF BY RAF SIMONS」の展開が終了し、ブランド設立15周年を記念してスタートしたNEWレンジ「RAF SIMONS 1995」の展開をスタート。

2012A/Wコレクションを最後にジル サンダーのクリエイティブ・ディレクターを退任。同年、クリスチャン ディオールのアーティスティック ディレクターに就任。

f0044151_16451138.jpg


f0044151_16113184.jpg



こちらがラフ・シモンズ RAF SIMONS入荷予定商品の動画です!



ご予約も承りますので、是非お問い合わせくださいませ。

お電話でのお問い合わせはこちらまで
TEL 028 633 3357

金子
[PR]
by via_senato | 2013-03-02 16:46 | Raf Simons | Comments(0)
<< ニールバレット入荷しました! 2013S/S気になったルック >>