<< Season of winte... Via Senato 新人スタッフ >>
Art vs. Fashion
今現在、モードとアートはより一層、密接な関係にあると思う。

イブ・サンローランが「モンドリアン・ルック」を生み出してから約半世紀が立つ今、
”ファッション・ミーツ・アート”を目指すデザイナーとして名をあげるとしたら
間違いなくラフシモンズでしょう。

f0044151_19245355.jpg

The New York Times

The New York Times にてカルバン・クラインとアンディ・ウォーホルの
コラボについてラフシモンズが語っています。

“I have to feel the artwork stands for something that is important to me,”

「アートワークが私にとって重要なものを表していると感じなければならない」

これまでにラフシモンズは、ピーター・サヴィル、スターリングルビー、ロバート・メイプルソープ
と様々なアーティストとクリエイションしています。

毎シーズン、常に驚きと感動を与えてくれます。
心に訴えかけるクリエイションの数々を仕入れ、
皆様に届ける事ことができることはとても幸せに感じます。

ファストファッションやコピー品などで溢れかえる現在。
真に感情を揺さぶらたり、何かを考えさせるものとして、
”ファッション・ミーツ・アート”はこれからの主流になって来ると思います。

芸術の秋、是非当店にてラフシモンズのクリエイションに触れてみてはいかがでしょうか。
皆様のご来店こころよりお待ちしております。

RAF SIMONS ONLINE PAGE












[PR]
by via_senato | 2018-10-25 19:51 | Raf Simons | Comments(0)
<< Season of winte... Via Senato 新人スタッフ >>